飲み会・交際費

学生ローンという名前を聞くと、ローンの利用目的は学業に関することに限られていると勘違いしている方が多いですが、実際のところ学生ローンにそうした制限はありません。学生ローンとは、学生が借りられるローンのことなので、その使い道は自由です。学生の本分からあまりにもかけ離れていなければ、基本的に何に使っても問題ありません。

飲み会学生がどうしてもお金に困ってしまう原因として多いのが、急な飲み会や交際費にかかるお金です。学生ローンなら小額から融資を受けられるので、こうした突然の出費があっても安心です。学生ローンは手続きも簡単なので、困った時にすぐに助けてもらえる点が人気です。学生ローンは基本的に親への連絡もないため、家族に言いにくい内容でも、学生ローンには相談しやすいという点もあります。

学生にとって、飲み会や友達、サークルの付き合いはなかなか断りづらいものです。そんな時でも、学生ローンをうまく活用することでより充実したキャンパスライフを送ることができます。もちろん、学生ローンのスタッフの方の説明やフォローも行き届いていますので、不安な点はすぐに解決してくれます。もしものための安全策として、困った時は学生ローンを検討してみるのもおすすめです。

交際費を考えて、節税に利用する

不景気な世の中、取引先の人や、クライアントを誘って、大きなお金をかけて接待するという会社は、ほとんど無いでしょう。さらに、会社の資本金などの規模によって認められる交際費の額も決まってきますからね。ただ、交際費の定義は広いですし、会議費という方向で申告できれば、交際費の範疇には入らないので、認められている額をオーバーしても経費に計上できて節税になります

ですから、交際費をいかに考えるかが、節税のポイントになるといっても、過言ではないでしょう。さらに、子会社を作ったり、部門で会社を分けるというのもいいかもしれません。取引先やクライアントは、会社が二つあっても同じなので、交際費の上限を、2倍で認めてもらう事が出来ます。さらに、部門を大きく分ければ、会社の規模が小さく、売り上げが小さいなら、課税事業者を回避できるという節税も、出来るかもしれません。このように、交際費を工夫したり、会議費として認められる部分を考えていけば、大きな節税に、繋がっていくでしょう。

About the author